読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンビニバイトイライラあるある30個

 

こんばんは、丸です。

 

 

今日コンビニに行って忙しそうな店員さんを見てコンビニバイト時代を思い出したので、

こんな時、イライラしてたなぁということを書いてみます。

(※個人的な意見です!!)

 

 

1.めっちゃお客さん並んでる時に複数のお弁当を全部温めてと言われた時

 

2.揚げ時間の長いチキンがすぐ売れてしまってまた作らないといけない時

 

3.割り込みして大声で場所を聞いてくるおばあちゃん

 

4.前出し・顔出しをしたての商品をすぐ買われてしまってやり直しの時

 

5.レジから離れた途端すぐ並ばれて戻らなきゃいけない時

 

6.夏場のジュースだけ、アイスだけ買う人の列

 

7.大学生の、それぞれ別会計

 

8.おばちゃん達の「私が出す」論争

 

9.話が長いおじいちゃん

 

10.入り口付近の新聞を見てる人に反応して鳴り続ける入店メロディー

 

11.トイレが汚れていた時

 

12.立ち読み勢が多くて掃除ができない時

 

13.袋詰めが難しい組み合わせの時

 

14.めっちゃ走り回って騒いでるちびっこたち

 

15.「ポイントカードありますか?」って聞いた時「ない」って言ったのに、会計済んだ後「あ、あったわ」って悪びれもなく言う人

 

16.交代時間間際にホットスナック買い占められた時

 

17.「お箸とフォーク、どちらお付けしますか?」って聞いた時「箸に決まってんじゃん。」と、全部自分基準で言う人

 

18.めっちゃ急かしてくる人

 

19.納品がやたら多い時

 

20.フライヤーがめちゃくちゃ汚い時

 

21.雨の日の滑る床

 

22.お金投げて渡す人

 

23.めっちゃ怒り口調で話す人

 

24.ポイントカードあるか聞いただけなのにめちゃくちゃ怒りだす人

 

25.普通の平日なのに混んでる時

 

26.自転車の止め方が雑な人

 

27.必要ない商品を別のところに置く人

 

28.冬のおでんセール

 

29.定期的にやっている、◯百円以上でクジが引けるイベント

 

30.ケーキ、お歳暮、恵方巻き、お中元、、、、、、そういうの全部!!!!!!!

ノルマ!!!!!!!!!

 

 

とりあえず、30個。

 

小さなものから大きなものまで。

 

コンビニバイト経験者は頷いてくれるのではないでしょうか!?!?!?

 

 

社会人になってからもイライラが増えました。。。

 

またイライラしたことやあるあるを思いついたら書きますね。

 

はぁ、仕事頑張りますか。。。

 

 

SCHEME   丸

住みたい街の条件

 

こんばんは、丸です。

 

 

引越しのことばかり考えてしまう今日この頃。。。

 

どんな街に住みたいかなぁと妄想するのが最高に幸せなひと時です。

 

自分の頭を整理しつつ、今日は私の理想を書き連ねたいと思います。

 

いつも通り、自己満足ブログです。

 


最低限の条件
・通勤時間50分以内で乗り換えなし
(もう少し近くに住みたいけど今の職場だと近すぎるのも嫌)
・駅から徒歩10分以内
(自転車置き場があればもうちょい遠くてもいける)
・バストイレ別
・南向き
(日当たり良い部屋がいいです、やっぱり)
・2階以上
(田舎っぺなので都会怖い)
・できるだけ安く!!!
・できるだけ新築!!!
・治安良いところ

 

近くにあってほしいお店
・スーパー(安いところ)
・コンビニ(セブン、ローソン、ファミマ)
(全部近くに欲しい!!贅沢!)
・はま寿司
(回転寿司屋さんの中で一番好き!)
幸楽苑
(味噌野菜ラーメンが最高。)
マクドナルド
(ビッグマックが最高。)
すき家
(できればからあげのある店舗で!!すき家のからあげ、超オススメです。)


これくらいかな〜〜〜!!!

 


最近よくSUUMO見てます。

 

今のところ住みたいおうちはまだないです。。。

 

 

もはやトランプタワーを見習って私もタワーを建てたいです。(?)

 

理想のお家へ理想のタイミングで引っ越せますように!!!

 

また引っ越したい欲を前面に出してしまった。。。

 

 

SCHEME   丸

良い話と悪い話。どっち先に聞きたい?

こんばんは。佳です。

始まりましたね〜〜新年度。

新規採用の子も入り初々しくそしてバタバタな春がやって来ましたね〜〜〜


早く終われ新年度!!!!!!!!


完璧に余裕がないです!!!!!!!!


全然こっちの活動が出来てない!!!!!!!!


もっとコンスタントに活動したいな〜〜〜〜〜〜〜


個人的にはラジオの収録が楽しみです。


高校の時は喋り面白いとか上手いとかよくみんなに褒められてたんですけど

社会人になってからもう日本語話せてないですね。


上司を混乱させるのが得意です。


説明するって難しい。


話すって小さい頃からしてた事なのに大人になってから難しいと感じるものなのですね。


話し方一つでその人の印象が決まってしまう事もあります。

例えば、あなたが上司に企画書を出したとして

上司の感想が

A「この企画、発想はとても面白いけど、ここの内容はわかりずらかったかな。」と言われるのと

B「ここの内容はわかりずらかったけど、発想はとても面白かったよ。」と言われるの。

どちらが嬉しいですか?

私はBの方が嬉しいです。

人は無意識のうちに最後にくる事が1番重要だと思い込んでいます。

逆に言うと、初めに聞いたことは
それほど重要ではない、本当に伝えたい事ではない。
と、思ってしまうのです。


人に良い事と悪い事を伝える時、大抵の人が先に良い事を伝えてしまうそうです。

人に言う立場から考えると、初めに悪い事言うには勇気が必要になります。

誰しも人に悪い印象を与えたいとは思ってないでしょうから、出来るだけ良い印象からスタートしたいと思ってしまうのです。


ですが、聞く立場からすると、悪い事を最後に言われた方が後味が悪いんですよね。


「あなたはとっても面白いけど、少し非常識なとこがあるよね。」

友達にこう言われたら?

「あぁ、私、非常識だと思われてたのか」

そう思って、もはや、最初の褒め言葉なんて批判するためのお世辞に聞こえるてしまいます。


「あなたは少し非常識なとこがあるけど、とっても面白いよね。」

そう言われたら、

「枠に囚われない面白さってこと?」なんて思ってしまいます。


皆さん是非人に伝える時は「悪い話から」言うようにしてみてください。

そしたら、仲の悪い友人と仲良く出来て、幼なじみの女の子といい感じになれて、テストで100点とれて、憧れの先輩と同じ大学に受かるかもしれません。

それでは、また。

いつから嘘を付かなくなってしまったのだろう。

 

今日は休日だったのでゆっくりブログ書いて早めに寝てのんびりしようと思っていたのに!!

 

まさかの寝落ちです、おはようございます。

 

丸です。

 

 

今日は、エイプリルフールのお話を。

 

 

タイトルにもある通り、私は数年前から嘘をつくのをやめました。

 

 

中学生の頃は、数日前から伏線をめっちゃ貼っておいて当日全部回収するという結構規模の大きな嘘もついていました。

 

 

代表格は、引っ越すんだドッキリ。

 

最近忙しかったのはこのせいなんだ、、、

(数日前から忙しそうな振りをしておく)

 

この前ホームページで更新した、「やばいかも」ってこのことなんだ、、、

(当時流行りの個人ホームページをやっていたので、そのつぶやき欄みたいなところで意味深なことを更新する)

 

こんな日だし、本当だなんて信じられないよね、、、

 

今日は信じられないかもしれないけど、また明日会った時に詳しく話すから。

(部活やってたので次の日にバラすつもりで)

 

みたいにそれっぽいことを並べて仲良し中心にメールとか送ってました。

 

 

でもさすが中学生、ピュアなんですよねぇ。

 

みんな信じてくれました。

 

みんなが結構悲しんでくれるもんだから私も悲しくなっちゃって、

え!?嘘だよ引っ越さないよ今年もよろしくね!?!?!?

ってな感じですぐネタバラシしちゃってました。

 

 

私もピュア。

 

 

そんなエイプリルフール大好き系人間のこの私が、なぜここ数年は嘘を付かなくなったのか!?!?!?

 

 

理由は簡単です。

 

嘘をついても話題にならないし(?)、

どうせ嘘には変わらないし無駄だと気付いた。

 

 

私が付ける嘘には限界があるんですよね。

ガチで騙しにいっても、おもしろさを狙っても。

 

おもしろい嘘といえば、最近はTwitterで企業同士が名前とかプロフィール画像とか交換してなりきるとかいうのがあるじゃないですか。

 

あれすごい好きなんですよね。。。

 

え!この企業こんなこともやっちゃうんだ!

っていう親近感。

 

ほっこりしますよね。

 

 

私ごときがそんなことやってもみんなきっと無視ですよ、無視。

 

あーまたあいつやってるよ

程度の人間なんす。

 

 

すっかりピュアな心を忘れてしまったようです。

 

 

・・・いつか映像制作が軌道に乗ったら、いつもと違ったジャンルの映像を撮って編集してそれを載っけて

「これからはこのジャンルでいきます。

これからも応援よろしくお願いします!

SCHEME

的な嘘をつきたいです(照)

 

 

もっとちやほやされてぇなぁ〜〜〜!!!

 

 

SCHEME   丸

検索技術

 

こんばんは、丸です。

 


一昔前、前略プロフィールmixi、グリー、個人ホームページなどが流行りましたよね。

 

 

ちょうど思春期だった私は、誰がやってるのか、その人はどんなものが好きなのかなど、興味津々でした。

 

友達に始まり、友達の友達、友達の恋人、
憧れの先輩、近所の顔見知りの人、
地元でちょっと有名なやんちゃな人、、、

 

あらゆる人のアカウントをストーカー並みに検索して探して見つけ出すのが当時の私の楽しみでした。

(みんなのアカウント見てたよなんて気持ち悪すぎるから絶対言えないけど・・・!)

 


本人は偽名を使って登録していてもその友達が本名で書いていて本人のリンク貼っちゃってるっていうことが多くて見つけやすくて、

 

アホだなぁ〜〜〜

 

と思いながらずっと閲覧してました。

 


当時、どうやったら出てくるのか思考錯誤しながらあらゆる検索を繰り返した結果、
今では日常生活での疑問は検索すれば大抵一発で出るようになりました。

 

 

あとなぜか、私に聞けば機械の取り扱いがわかると家族や友人の間で広まり、使ったこともないウォークマンへの曲の入れ方なんかも聞かれるようになりました。

 

頼られることは非常に嬉しいのですが
別に私の知識量がハンパないというわけではなく、
ただただ検索するのがうまい、という
ネットの環境がなかったら役に立たない特技であります。。。

 

 

インターネットなくなったらたぶん私は生きていけないだろうな〜〜〜

 

これからもきっとネットに依存して生きていくのだろう・・・

 

 

SCHEME   丸

 

お前の物は俺の物、俺の物はもう要らない!

こんばんは、佳です。

「俺の物は俺の物、お前の物も俺の物。」

誰もが知っているジャイアンのお言葉。

なんとも傲慢な言葉ですね。

でもね、この言葉。人から奪った物を自分の物にしてるだけまだ救いあると思うんですよね。

タチが悪いのは人から奪っといて捨てる人。

これは最悪のダメ人間ですよね。そう。私です。


私は昔から所有欲が強かった。

末っ子だったのですが、常に上の兄弟が持っている物が欲しかった。上が食べている物が食べたかった。

自分の物はダサくみえたり、不味そうにみえた。


駄々をこねて自分のと交換してもらうと、今度は
「あれ?やっぱり最初に自分が持っていた物の方が良かったんじゃない?」
って思ってしまう。


結局貰った物を使わずに終わりよく怒られていました。

ちょっとおっきくなってからは人の物を取るのはいけないと自覚したんですが、

所有欲は変わらず、ゲーム、CD、服、買って1度も使わず捨てる。

所有できた瞬間覚めてしまう。

良くないなぁ〜と思いながら、

遂に所有欲は人間関係まで影響しました。

付き合った人に対してです。

付き合う前はいいなぁ〜と思っていても付き合ってしまうと急激に冷めていく。

そう!世にいう

「釣った魚に餌やらない」

です!典型的なダメ人間!はい!ごめんなさい!


でも、こーゆー人沢山いるはず!!!ね!共感した人今すぐ友達になろう!!


世の批判を共に乗り越えようではないか!!

クズだからって嫌いにならないでくれよな!

ばいばい!

休日ヤンキー

おはようございます。佳です。


眠いです。昨日記事をあげる予定でしたが、泥のように1日眠っていました。

気づいたらエイプリルフール終わってたよ。

今日は休日、、、、出勤です!!!

眠いなぁ!!全然起きれなかったからもうこんな時間、、、


休日は基本服装は自由なんですが、

毎回服装で困ります。

私の私服は基本全身真っ黒、マスク、帽子のセットです。

街中で話しかけたくない人No.1に常になるような服装です。

基本、カッチリとした服は苦手です。ダボッときたい。

1人で出かける時はホント趣味の悪いヤンキーみたいな格好で歩いてます。



私、今働いてるとこがお偉いさんがよく来る所でなによりきちっとしないといけない所なんですよ。

だらしない&礼儀知らずな私にとっては苦行なんですが、その反動もあって休日の服装が日に日にガラ悪くなってます。

休日出勤って服装自由なのでキチッとしたくないし、でも自分の私服全開では流石に職場にいけないので、

ほんとギリギリのラインを毎回攻めてます。


この前休日出勤した時は上司に

「え、なにそれ、、、?」

って言われたのでギリアウトだったんですけど。


今日は近くの上司が出勤してない事を祈ります。


それじゃあ、行ってきます。